Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > スポンサー広告 > パワプロ15栄冠ナインでネギまキャラ育成・その2TOP > ゲーム > パワプロ15栄冠ナインでネギまキャラ育成・その2

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワプロ15栄冠ナインでネギまキャラ育成・その2 2008.10.05

前回までのおさらい。

裕奈の世代が引退して、今、1つ下の学年には茶々丸、2つ下にはまき絵・エヴァ・あやかが控えてます。
ポジションの都合で、茶々丸のプロ入りが厳しくなりそうな現状ですが、何とかしたい。
この4人の中での本命は、エヴァですね。初期能力がヤバかった。


まず茶々丸の結果から言うと、なんとまさかの地区大会敗退でプロ入りすら逃す。
ちなみに捕手でした。初期能力で対左投手5を所持していたので期待していました。
両打ちにしてロボっぽくしたりして2年に進級した時に悲劇が。
キャッチャー◎を所持した捕手が入学。この能力をスルーするわけにもいかず、あやかにして育成。
同期のエヴァ・まき絵はそれぞれ投手と外野手。エヴァは初期で威圧感とキレ4所持。2年間限定ではあるが、エヴァ・茶々丸バッテリーが誕生。

茶々丸が引退し、育成のメインが3人と新入生3人の6人に。
そして、あやか世代の3人は全員プロ入りを果たしました。
pawa29.jpg

・雪広 右投左打 二塁・捕手
弾道:2 ミート:C11 パワー:C99 走力:C11 肩力:B12 守力:C11 エラー回避:B13
特殊能力:満塁男、キャッチャー◎、チームプレイ○


さて、先程「捕手が入学」と言いました。捕手だったんです。通常のサクセスでは、サブポジを取得してもメインポジションは変わることはないのですが、栄冠ナインの場合は、新たに習得したポジションがメインになり、元メインがサブポジになるのです。あやかには、委員長らしく内野の要として二塁も守れるようにしました。
育成としては、守備走塁をメインに平均Cになってから打撃を強化。3年夏を迎える前に、道具でチームプレイ○を取得させておきました。

pawa26.jpg

・エヴァ 右投右打 投手
球速:145km/h コントロール:B157 スタミナ:D67
変化球:フォーク6
弾道:1 ミート:D8 パワー:E72 走力:D8 肩力:F4 守力:G3 エラー回避:C10
特殊能力:キレ4、威圧感、テンポ○


この世代では大本命として育成してきた。初期能力でキレ4と威圧感とフォーク2。まずはフォークを6まで伸ばす。その後、球速を鍛え、143km/hあたりからコントロールを。スタミナは捨てて中継ぎ・抑え想定。
出来れば変化球をもう1種投げさせたかったが、フォークの伸びが遅くて手が回らず。
野手能力は、パワーとエラー回避以外は初期のまま。意外にも高めな野手能力となっている。
なお、生年月日は吸血鬼ということで十五夜にしておいた。

pawa16.jpg

・佐々木 右投左打 二塁・外野
弾道:2 ミート:B12 パワー:D92 走力:B12 肩力:C10 守力:C10 エラー回避:C11
特殊能力:ヘッドスライディング、ミート多用、ムードメーカー


ぶっちゃけ、おまけの育成に近かったまき絵。とりあえず足から鍛えさせてBに。守備面を鍛え、ミートを上げる。パワーは抑え気味に。
合宿期間に、強振多用を取得してしまい、似合わないのでミート多用を付け直す。
スカウトへの売り込みはネギまキャラを優先していたとはいえ、まき絵もプロ入り。

今は、あやか達の1つ後輩が卒業式を迎える前まで進めています。
この世代は3人。天才外野手の楓、威圧感持ち一塁手の古、おまけの千雨。
もちろん本命は楓と古。特に楓は天才型なので成長度は通常より高いので失敗したくないところ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。