Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > スポンサー広告 > 第19回麻雀最強戦闘牌レポート・8/24ハートランド札幌店予選TOP > 麻雀 > 第19回麻雀最強戦闘牌レポート・8/24ハートランド札幌店予選

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回麻雀最強戦闘牌レポート・8/24ハートランド札幌店予選 2008.08.26

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル
さて、学生麻雀選手権以来の麻雀大会参戦です。
といっても、あれはペア大会だったので、個人参戦は初体験。どこまで攻めていけるかが問題です。
ルールは食いタン・後付けありのアリアリ、一発裏あり、赤なしの東南戦。
25000点持ち30000点返しでトップ賞20にウマが10-30。
予選3回戦で上位8人が決勝1回戦に進出と、公式サイトにあったのと違って8位まで通れるみたいでした。
決勝は2卓に分かれてそれぞれ上位2名が勝者。ポイント持ち越しはなし。
ちなみに、運営は日本プロ麻雀協会の朝倉ゆかりプロと男性が1人。店内の告知張り紙を見る限り、朝倉プロは沖縄出身の方みたいです。

9:00開始のところを8:30に着いて参加受付。個人成績表を受け取る。
19th01.jpg
8年も「おっさん」と名乗ってる者として、ここでしっかりと「3」が引けるあたり、まだ世界のナベアツに遅れは取ってないですね((
麻雀打つ時に一番気合いの入るジーンズにYシャツ、咲の特別牌2つ、長いことお守りにしている水晶も用意した上でこの数字を引けるなら、今日はいい麻雀が打てそうです。
それでは、追記から詳細レポです。

【1回戦】
・東1局0本場?2本場
西家スタートで10巡目あたりで先制リーチ。リーのみだが、立ち上がりで流れを掴みたい。
アガれずに親もテンパイの流局。
1本場は俺が親に1800の振込み。2本場は上家がアガリ。

・東2局0本場?1本場
0本場は下家が親に振込み。1本場の9巡目あたりで例の場面。

一筒三筒四筒五筒六筒八筒九筒二萬三萬四萬南南西 ドラ六筒

一筒三筒四筒五筒六筒二萬三萬四萬南南 チー七筒横八筒九筒 ドラ六筒


上家から出てきた七筒をチーして一通テンパイを取る。南ポンでドラ筋待ちで3900に受けれるようになるからこのペン七筒は鳴くしかないと判断。
この鳴きの後に親のリーチが入るも、二筒をツモって500-1000の1本をアガリ。

・東3局?南1局
なんかひたすら耐えてた時期。すでに下家は戦線離脱状態。
俺の手は衰えてないからチャンスを待つしかない。

・南2局
チャンス到来の配牌。4巡目あたりでリーチ

三萬三萬四筒五筒六筒七筒八筒南西北北北八索 ドラ八索

三萬三萬四筒五筒六筒七筒八筒九筒北北北八索八索 ドラ八索


耐えていただけあってか、この巡目でドラシャボなら低めの方はいずれ出る。しっかりと三萬でトップ直撃になってトップに。

・南3局
ここで残り10分コール。これとあと1局くらいか。
上家のリーチが入った後の手牌が以下のとおり。

三索四索七索七索三筒四筒五筒二萬三萬四萬五萬六萬七萬 ツモ八萬


二萬がリーチ現物なので345の高め三色が見えてくるの考えたら

三索四索七索七索三筒四筒五筒三萬四萬五萬六萬七萬八萬 ロン三索


アホやらかした((  345を意識してたら間違って三索に反応してしまいました。
運営の人呼んだらすぐに後ろから男性の声が来ました。わーお、これは間違いなく現場を目撃されてる。
このチョンボで12000点を卓外へ供託し、3着へ。この状況のまま終われば、取り逃すことになるトップ賞・ウマとチョンボ料を合わせて、72の失点。
でもそんなに悲観する程の状況でもない。チョンボ前が8000振ると2着落ちくらいの点差は着けてたので、
トップと5600点差、2着と1200点差で南3局を仕切りなおし。これが制限時間で実質オーラス勝負。
チョンボやらかした後なのに以下のきっちりと捲くれる手を張ったのだから、明らかに普段と違う。前局も間違わなかったらちゃんとアガれてたんじゃね?

四索四索七索七索七索五筒五筒六筒七筒七筒七萬八萬九萬 ドラ九萬


チョンボやらかしてる後に直撃とか考えてたらこちらが危ないので、待ちが辛いがリーチ。上家がオリてくれれば流局の点棒で2位にはなれる。
7700確定なのでアガればトップ返り咲き。だがアガれず。上家もテンパイ。
リーチしてしまったら流石に出ないか?下家がトップ争いに関わらないために直撃狙い避けたかったからリーチしたんだけども。
1回戦は21600点で▲18.4pで17位?24位間の3着集団スタートに。まだ2回戦3回戦でトップ取れば8位圏内は見れる。手は衰えてないからまだ勝負出来ます。

【2回戦】
・東1局0本場?1本場
今回は起家スタート。その最初の局を3巡でリーチ。

一萬一萬三萬三萬七索七索九索九索八筒八筒中中白


本当にチョンボやらかした人間の引き方じゃないと思った。なかなか引けなかったが上家から出てきて4800。
1本場では上家が軽くアガって流れる。

・東2局?東4局
東2局・3局と上家がアガリを持っていく。
東4局ではダマの6400に俺が刺さる。ダマの三暗刻とかびっくりだ。

・南1局
実は既にこの局の点棒状況が危うい。アガリは最初の4800のみ、6400とツモで削られている。
この局もアガれずに流れる。

・南2局
上家が対面から8000を取る。俺が離脱ペース。

・南3局0本場?1本場
0本場で親のダブリー。これはかなり仕上がってる。
上家が一発で12000の振込み。東単騎のチートイ。これは仕方が無い。
1本場はどうなったか覚えてないが、まだ手の方は衰えている感覚はなし。

・南4局
役満以外に逆転方法はなし。トップ以外に生き残りがないなら他に狙う価値なし。
7種くらいあったので国士一点狙い。9巡目に中が枯れたのでとりあえず混老チートイへ。
終盤に4着の下家にリーチ。一発目に八萬引いてきて止めておくも、一発で八萬ツモ。
18800点の4着で▲41.2p。2回戦までのトータルが▲59.6p。3回戦で大トップと取ってもせいぜい+20pくらいまでしか届かないので敗退決定。

【3回戦】
・東1局0本場?1本場
南家でスタート。といっても俺にとっては消化試合に等しいので記憶が薄い。
500オールと軽いアガリが出たんじゃなかったか。

・東2局
アガれずに親が流れる。小さいアガリだったはずだからまだ全体が微差。

・東3局?南1局
ここら辺で俺と下家が抜きん出てトップ争いへ。
南1局では俺が上家から8000をアガる。

・南2局?南3局
ここもアガった記憶なし。下家にも捲くられてない。
2着と1800点差のトップでオーラスを迎える。こんなに嬉しくないオーラスは初めてだ。

・南4局
8巡目に2着の下家がリーチ。記憶にある限りの捨て牌はこんな感じ。

裏三筒裏五筒二萬裏
裏八筒横


裏になっているのは索子・字牌。筒子の切り出し方からしてドラの六筒を含む六-九筒待ち一点読みでよさそうと踏んでいたら一発目に四筒が出てきて確定的。
ちなみにリーチ直後の俺の手牌は、

二萬三萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬六筒六筒六索東東


確かこんなん。現物の二萬があって、チートイしか狙えそうにない牌を持ってるのに横に伸びてて困っていたので。オリても流局点棒で捲くられるし、1000点が差し込める状況下でもないのでアガリに向かうしかない。
結局、下家が九筒をツモって700-1300で入れ替わり。トップを取ってもしょうもないのに、さらにしょうもない2着という結果。最後のトップくらいしっかりと守れって話です。
2着の36800点は+16.8p。
19th02.jpg 19th03.jpg
トータルが▲42.8pとなりました。ノートの方に先に全部メモしてたから、間違ってトータルを3回戦部分に書いてしまった。提出を求められなかったので持ち帰ったんですけどね。
右の写真は全員の成績表です。俺は3番なので上から3番目のが俺のになりますが、1番の方に注目。
75.7pで「次」に丸。つまり9位の次点です。予想ボーダーラインは60pくらいだろうと2回戦終了時に運営の人は言っていたのですが、大混戦となって8位の人の成績は79pでした。
ちなみに、▲42.8pの俺ですが、数えてみたら22位という結果でした。マイナススコアは18位からだったかな。

さて、次回の参加予定ですが、9/7のウェルカム札幌店の大会…でしょうか。まだ決めてません。
上位4人までは賞金も出るみたいなんですが、定員52名の13卓みたいなのでかなり激しい勝ち方をしないといけないですし。特別賞もあるみたいだから、上位が無理になったら役満縛りに走ってもいいんだけど、ウマだけやり取りするってのがネック。
9/15に再度ハートランドで最強戦予選があるのですが、一回で結果が出せないのに再度やりにいっても仕方ないのでそちらは絶対に出ません。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。