Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > スポンサー広告 > 「流れ」を断ち切る要素が目に余るTOP > ネギま > 「流れ」を断ち切る要素が目に余る

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流れ」を断ち切る要素が目に余る 2008.07.05

あと、今週のマガジンでも話題になっていたことなんですが・・・
真剣なバトル時でもお色気満載シーンがあるというのに抵抗があります。
男性意見にあったんですが、修学旅行や文化祭ではそれぞれとても深い
テーマがあります。それは友情だったり、争いだったり、恋愛だったり・・・
ぶっちゃけここのエロはいらないだろ!っていうところがあったのも事実です。
clover1517・エロって難しいなぁ。より)


とりあえずこの点は全面同意。ストーリーの流れが断ち切られて真剣味や緊迫感が大きく削り落とされる。
今回の218時間目もそうだし、古い方まで行けば6巻47時間目なんかもそう。

47時間目では、ネギと明日菜・刹那に分かれて木乃香奪還・鬼退治をやってる話ですが、
3ページ半ほど明日菜・刹那の戦闘シーンをやった後に「ノーパン見られた」で明日菜が鬼に追い回されるシーンになり、同ページ内でネギに視点変更された後に47時間目は終わります。
次の48時間目ではまた明日菜・刹那は至って普通に鬼達と交戦している。「ノーパン見られた」ことを根に持った雰囲気もなく戦ってるんです。
果たして本当にこの「ノーパン見られた」ネタが必要だったのか?と。
真剣勝負の最中に、そんな先に活かしもしない小ネタを見せられても、緩衝材どころか流れを断ち切るから冷めるだけなんですよ。

今回の218時間目の場合なら、7ページ目の「あなた達のお名前ッ…何ですかあぁー!!?」とのどかが叫んでるところから、駆け引きはスタートしてる訳です。
その後、ザイツェフの「チコ・タン」に始まってパイオ・ツゥの「おっぱい万歳」までがギャグの流れとして割り込み、また駆け引きに戻る。(モルボルグランと名称不明のキャラは比較的真面目だというのに間に挟まれてしまっているためにギャグの一部に見えてしまう)
のどかはこの後逃げますけど、「おっぱい」「おっぱい」連呼されながら追われるから、手前のギャグパートが「おっぱい万歳」で締めてるために、本来緊迫的なはずの追われてるシーンがギャグっぽく見えてしまってる。

たとえ脱げたりしても、流れを切ってなかったのは、まほら武道会の高音くらいだろう。
高音の場合は、脱げるのとほぼ同時に試合が終了していた。脱げるシーンの終わりと、試合の終わりのタイミングがほぼ一致しているから、流れを切ることなく盛り込めてる。
そこでこの文を目に留めていたんですが、

【Web拍手返信】

>23:47 今週は、楊さんが言うようにとても面白かったのですが、
>    あのエロシーンで台無しにされた気が… 
>23:49 個人的に「萌えと燃えの融合」よりも、バトル展開と萌え
>    回は別に描いてほしい気がします。 よしとも
(中略)
ネギま!はいろんな要素が詰め込まれてるから、それを
同居させると、マイナスの方向に進む場合もあり書く方も
難しそうですねぇ・・・
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)・ネギま!関連サイト巡回(07/03)より)


必要部分だけ抜き取らせてもらいましたけども、とりあえず、
ポケモン関連のアニメでも漫画でもどちらでもいいですが、「バトル」「捕獲」「コンテスト」etcを全部取りしているように、ちゃんと使い分けが出来るなら、「萌え」と「燃え」の両方取りは可能なんです。ストーリーの視点から見ようとすれば。
ポケットモンスターSPECIALの例でいえば、4章の主人公であるルビーとサファイアは、それぞれルビーがコンテスト制覇、サファイアがジム制覇を目標に競い合っています。ついでに言っておくと、4章は初めて恋愛描写を強く描かれて、少年漫画的に利用されている章でもあります。
単行本で見るとルビーパートとサファイアパートが丁度いいところで区切られながら交互に展開されていくのですが、実は学年誌連載時は、ルビー視点の話が載ってる学年とサファイア視点の話が載ってる学年に分けられて2誌で平行連載されていました。
これみたいに、基本的には「燃え展開」と「萌え展開」をそれぞれ独立させる形でストーリーを展開させていくならば、理屈としては両立可能です。(つーか18巻までは出来てたように見えてたんだが)
ただ赤松先生がやってるのはコマ単位・ページ単位で「燃え」に「萌え」を入れ込んでいて、住み分けをさせてない。
仮にそういう手法でも両立が可能だとしても、「萌え」に「燃え」を入れ込んだシーンなんて1つもないので両立してるとは到底思えない。
そもそも「萌え」に「燃え」を入れ込むこと自体が相当困難な芸当だろう。
このアンバランスが流れを断ち切らせる要因にもなっている。

こういった現象が19巻以降に顕著に現れているから、どうにも否定的にしか回れないですね。
以前も言ったけれども、212時間目最後の裕奈・まき絵なんかは完全に夕映の話の流れを斬ってるから、あんなことやってたらキャラを優先しているようにしか見えない訳です。
この酷い流れが変わるタイミングはいつになるやら。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。