Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > スポンサー広告 > ネギまTCG・点数付けVer3.1+休み時間環境デッキ考察TOP > ゲーム > ネギまTCG・点数付けVer3.1+休み時間環境デッキ考察

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギまTCG・点数付けVer3.1+休み時間環境デッキ考察 2007.10.22

先日、芸大の3人で集まって数戦まわしてきたので、点数をもう一度見直してみます。
特徴欄とパクティオー関連の状況も分かるようにしておきました。特にパクティオーに関しては、これも点数の目安にしているので。
ついでに今回は休み時間環境デッキの考察も。
それはそうと、もう4時間目の発売が決定したみたいですが、ここでコスプレが出切ってしまうのだが、
5時間目以降も出してくるとしたらどうする気でいるのかが気になるところ。
・さよ

パクティオー:なし
N1-01 さよ「地縛霊」 現:3.5 期:2.0
NY-01 さよ「幽霊生徒」 現:2.0 期:2.0


安定性では「地縛霊」が圧倒的に有利。序盤、特に先手の1ターン目に出せる状況で、そのままイベントを使えると無敵。
逆に中盤以降では「幽霊生徒」で2枚捨てさせられる方が効果的。これも即イベントに繋げれば3枚捨てさせられるので手札の半分を殺せる。
ただ、「幽霊生徒」を活かすには武属性4体条件が課せられているのでデッキの中身や攻め役が限定されてしまう。
俺は千雨「コスプレ」を攻撃役に置いたデッキに「地縛霊」:「幽霊生徒」=2:2で入れているが、序盤で「幽霊生徒」が手に入っている時は動きにくくて仕方が無い。

・裕奈

パクティオー:コスプレ・スカ
N2-01 裕奈「バスケ部」 現:0.5 期:1.0
N2-02 裕奈「軍事マニア」 現:2.5 期:1.0
NY-02 裕奈「笛」 現:2.0 期:1.5


スカを活かしながらの防御役を任せるならば、「軍事マニア」か「笛」でなければ数値が取れない。
素の数値で「軍事マニア」が300or900、「笛」が100から800で、この数値に応援分を加算することになるのだが問題点がいくつか。
「軍事マニア」は相手がキャラバトルを仕掛けてきた上でこちらが勝利しないと900にならない点。「笛」は捨て札にキャラカードが4枚はないと「軍事マニア」の最低数値にさえ追いつかない点。
数値的な意味での確実性は「軍事マニア」に軍配が上がるのだが、「笛」のキャラカード4枚捨てならばギリギリなんとかならんこともない。400になる6枚までとなると厳しくなってくるが。
もうここは好みか、デッキに積み込むキャラカードの枚数によって使い分けるしかないだろう。
応援役として裕奈を入れる場合ならば「バスケ部」でいいだろう。相手のキャラを封じておくことも出来るので。これにコスプレを付けるような場合はレイヤーデッキくらいだろう。

・和美

パクティオー:なし
N1-02 和美「パパラッチ」 現:2.0 期:2.0
NY-03 和美「オカリナ」 現:1.5 期:2.0


「パパラッチ」はハンデス、「オカリナ」はディスカードトラップ。一応、「出会い」から「オカリナ」に繋いで200ダメージという手もあるが、4回やっても800ではあんまり意味がない。
だったら大人しく「パパラッチ」で手札を削った方が相手の手数がより減らせられるので効果的だろう。「オカリナ」の2.5は高い気がしてきたので下方修正。
「オカリナ」はコスプレが出たらレイヤーデッキでサーチの足止めに使えるかも。特に「先生と生徒」は相手のメインフェイズで使いたいイベントなので。

・夕映

パクティオー:コスプレ
N1-03 夕映「哲学少女」 現:1.0 期:1.5
N2-03 夕映「東洋の魔女」 現:2.0 期:1.5
N2-04 夕映「バカレンジャー」 現:1.5 期:1.5
N2-33 夕映「図書館探検」 現:1.5 期:0.5
NY-04 夕映「魔法の杖」 現:2.5 期:2.5
NY-46 夕映「お星様」 現:0.5 期:1.0


ぶっちゃけ、コスプレだけのキャラを戦力として見るのは難しかったりする。アーマー・スカを持ったキャラに対して無力なので。
「魔法の杖」がレイヤーデッキの防御役としての存在感を示しているのは、スカが出てくるのが近いと見ていていいと思うので今後に期待できる点。
現状としては応援役・能力重視で見ておいた方が扱いやすいだろう。
「哲学少女」「図書館探検」は裕奈「笛」に繋げられる可能性はあるが、ちょっと難しいかも。
一番有効で効果的なものはネギがサーチ出来る「東洋の魔女」だろう。これは攻撃力が300で可変の「お星様」を除いて最高値なので攻撃役として使えるようになった環境でも活きる。
現状で一番使いにくいのは「お星様」だろう。これレアなんだけど。攻撃力が手札依存で、アーマーもスカもなく、場に出る条件が友達としてでなければならないのでは扱いづらすぎる。

・亜子

パクティオー:コスプレ・スカ
N2-05 亜子「関西弁」 現:1.5 期:1.5
N2-06 亜子「保健委員」 現:4.0 期:1.5
NY-05 亜子「メガホン」 現:2.0 期:1.0


スカがあるので防御役としても使えるのがいい。数値的にも能力的にも「保健委員」は一番使いやすい。
「関西弁」はキャラバトルの勝敗無視して攻撃力を+200させにいけるので応援役特化。代わりにコスプレさえさせれないのが辛い。
「関西弁」:「保健委員」=3:1で積む勇気と、「保健委員」を何が何でも場に出す策があると一番いいんだが。
「メガホン」は使い方が難しい。キャラ指定イベントを連発する機会なんて滅多にないので使う機会が想定しにくい。しかもコスプレ付けないといけないので。

・アキラ

パクティオー:なし
N2-09 アキラ「水泳部」 現:1.5 期:1.5
N2-10 アキラ「アロワナ」 現:2.0 期:1.5
NY-06 アキラ「タライ」 現:1.5 期:1.0


単独でも能力が活かしきれるのは「アロワナ」のみ。
「水泳部」は美空必須、「タライ」は武属性サーチなのでサーチ後の事を考えると美空「ピコピコハンマー」に繋げて山札を確認しておきたいところ。
どっちにしろ美空が必要だったりする。このコンビネーションは奇妙だ。

・美砂

パクティオー:なし
N1-06 美砂「チアー」 現:3.5 期:2.5
NY-07 美砂「白雪姫」 現:1.0 期:1.5


これはチア3人組全体に言えることなんだが、「白雪姫」の連携効果と「チアー」の連携効果を比べたら、どう考えても「チアー」が勝ってしまう。
ただ、「チアー」は特定キャラ名を指定しているのと、「白雪姫」は特徴を指定していることが、今後のカード次第では能力的な抜け道になる可能性がある。
その抜け道を使うと、「三人娘」の破壊力が落ちるのであんまりお勧めは出来そうにない。せめて、新たに「白雪姫」が2種出てくれれば助かる方だが。

・明日菜

パクティオー:コスプレ・アーマー
N1-07 明日菜「新聞配達少女」 現:1.5 期:1.0
N1-08 明日菜「パートナー」 現:3.0 期:1.0
N1-33 明日菜「チュパ研」 現:3.0 期:1.0
N2-11 明日菜「馬鹿力」 現:4.0 期:1.0
N2-12 明日菜「バカレンジャー」 現:1.5 期:1.0
NY-08 明日菜「マラカス」 現:2.0 期:1.0
NY-47 明日菜「お昼寝」 現:1.5 期:1.0


キャラカード7種というのはネギの8種に次いで数が多く、パクティオーを持っているキャラでは最多キャラの1人。
攻撃役として見るなら、素の数値としては「新聞配達少女」がトップなんだが能力補正が入ると「パートナー」「マラカス」が上回る。
最大数値を取っていくならば「パートナー」になるが、「馬鹿力」のコスプレを除去できる能力は相手の攻防手段を絶てるので見返りが大きい。
「バカレンジャー」のテキストに「防御時」とあるので、スカが出てきたらバカレンジャーデッキに可能性を見てみてもいいだろう。
能力を駆使したり応援役として使うならば「チュパ研」「お昼寝」がいいだろう。安定性と確実性で見るなら「チュパ研」になる。
「お昼寝」を活用しようとすると、場に出ていてもいい千雨「コスプレ」の場合より条件が厳しいと言える。
ただ、「赤い糸」を駆使して6回起動させられれば勝つことが出来るのも事実なのだが、それをしようとしたら無理な構築をしなければならなくなるだろう。

・美空

パクティオー:なし
N1-09 美空「ししおどし」 現:0.5 期:1.5
NY-09 美空「ピコピコハンマー」 現:1.5 期:1.0


「ししおどし」はパクティオーがないと使う理由がない。両属性で応援役を勤めさせるなら、他にもっと有能なのがいる。
仮にパクティオーが出ても、あやかや亜子と違ってアーマー・スカがないので使う理由があまりないのだが。
「ピコピコハンマー」は山札の上4枚を操作出来るのでサーチ効果を使った後に場に出したい。
こちらならば、コスプレが出てからもレイヤーデッキで活用しやすいだろう。

・茶々丸

パクティオー:なし
N1-11 茶々丸「浴衣ロボット」 現:2.5 期:2.0
NY-10 茶々丸「ししおどし」 現:2.5 期:3.0
NY-42 茶々丸「バトルスーツ」 現:3.5 期:1.5


エヴァとの連携で300ダメージ確定の「浴衣ロボット」と、山札依存で200ダメージの「ししおどし」。
3弾でパクティオーが出てきそうなことを考慮すると、攻撃力のある「ししおどし」が現環境でも扱いやすいかもしれない。
200ダメージと互いに引くカードが分かるリスクはあるが、それでも「浴衣ロボット」と違って単独でも活用出来るのはいい。
対して「バトルスーツ」は使い捨てで、魔属性4体の条件付き。特定キャラのパクティオー使用をターン内で禁止させられるが、あんまり活用しきれない気がする。
ほとんどのデッキに2体はパクティオー出来るキャラがいる中で、その片方を封じたところでもう片方が活きているんでは意味がない。

・円

パクティオー:なし
N1-12 円「チアー」 現:3.5 期:2.5
NY-11 円「白雪姫」 現:1.0 期:1.5


美砂のところで大体言ってしまったので特に指摘することがない。
チア部の3人はここまで特徴・攻撃力が完全一致で来ているが、今後差別化されたものが出てきてくれるんだろうか?

・古菲

パクティオー:コスプレ・アーマー
N2-13 古菲「中国武術研」 現:3.5 期:2.5
N2-14 古菲「バカレンジャー」 現:1.5 期:2.5
NY-12 古菲「爆竹」 現:1.5 期:2.0


アーマーがある中では攻撃力の高さは低め。現環境で攻撃役として使うなら「中国武術研」一択でいいだろう。
サブフィールドにいるキャラの数も攻撃力に換算出来るのは他にハルナ「ししおどし」と夕映「魔法の杖」しかない。
「バカレンジャー」は現状で4人揃えても数値は600だから、それ程高い数値が取れている訳でもなくイベントは使用後に捨て札置き場のバカレンジャーが除去されてしまう。
「爆竹」はどちらかと言うと能力重視なので攻撃役には向かない。

・木乃香

パクティオー:コスプレ・スカ
N1-13 木乃香「お嬢様」 現:1.0 期:1.5
N1-14 木乃香「イチャイチャ」 現:2.5 期:1.5
N1-34 木乃香「占い研」 現:3.0 期:1.5
N2-15 木乃香「ししおどし」 現:1.5 期:1.5
N2-16 木乃香「学園長の孫娘」 現:1.5 期:2.0
NY-13 木乃香「タンバリン」 現:1.0 期:1.5
NY-43 木乃香「チュパT」 現:4.0 期:1.0


数値的には「お嬢様」が最上だが何の能力もない。攻撃力300が多いので使い分けが肝心になるキャラでもある。
「チュパT」が展開速度的には一番早いのと、コスプレをデッキに積む枚数をより抑えられるのが利点。
防御時の利点を考えるなら、「イチャイチャ」の回復と「学園長の孫娘」のサーチとあるが、これはデッキの傾向で使い分けることになる。
「ししおどし」は活用法がなかなか難しい。茶々丸「浴衣ロボット」とか楓「忍」とかなら回収して再利用が出来るが。
「占い研」は「ししおどし」以上の回収範囲があるのでこちらの方がおすすめ。応援役に徹しつつ、必要な時にのみ能力を使えばいい。
「タンバリン」はちょっと使う機会が想定しにくい。「図書館探検」とまき絵「新体操」で組んだデッキとかくらいか?

・ハルナ

パクティオー:コスプレ・アーマー
N2-17 ハルナ「ししおどし」 現:3.0 期:2.0
N2-18 ハルナ「漫画研究部」 現:1.0 期:1.0
N2-34 ハルナ「図書館探検」 現:3.5 期:2.0
NY-14 ハルナ「お絵描き」 現:1.5 期:1.0


夕映「魔法の杖」という守りの相方が登場したので「ししおどし」は今後も期待できる。ただし夕映のスカが出ると、だが。
「漫画研究部」は能力がない上に、のどか「小太鼓」の方が数値的にも上に行けるので、レイヤーデッキ以外でハルナを攻撃役にするのは得策ではないだろう。
「図書館探検」の使い方は「仮契約!?」でアーマーをサーチする時に使用するなど、主に捨て札として使用することだろう。
「お絵描き」が一番の曲者で、キャラを引き出せるという意味ではネギを落とせば大体のキャラが出せるのだが、このハルナ自身が応援出来ないのが問題。

・刹那

パクティオー:コスプレ・スカ
N1-15 刹那「護衛」 現:2.0 期:1.0
N1-16 刹那「イチャイチャ」 現:1.5 期:0.5
N2-19 刹那「ししおどし」 現:1.0 期:1.0
N2-20 刹那「京都神鳴流」 現:1.5 期:1.5
N2-35 刹那「ボケ」 現:3.5 期:2.0
NY-15 刹那「トライアングル」 現:1.5 期:0.5
NY-44 刹那「チュパT」 現:2.5 期:1.0


数値で行くなら「護衛」と木乃香の応援で600になるので一番上がりやすい。今後アーマーが出て攻撃役にするならこれだろう。
だが、明日菜や楓のように特徴のある攻撃役にならないのが難点になるだろう。「ししおどし」に至っては能力がない。
現状でスカがあるので防御役としてなら「ボケ」が一番いいだろう。能力を使えば200以上攻撃力を下げさせられるので、スカを使わずにも受けきれる場合がある。
応援役として見るなら、「イチャイチャ」「京都神鳴流」「トライアングル」を好みでとなるだろう。
「チュパT」は使い方が限定されるので扱いが難しい。ネギ「キツネギ」から繋いで機能も、優位に立てるのは2ターンのみ。

・まき絵

パクティオー:コスプレ・アーマー・スカ
N1-17 まき絵「ねぎきゅん」 現:2.0 期:1.0
N1-18 まき絵「新体操部」 現:2.5 期:1.0
NY-16 まき絵「新体操」 現:3.0 期:1.0


攻撃役・防御役としてどちらでも使える唯一のキャラ。
攻撃役として見るなら、「新体操」だろう。「子供先生」のネギを使うならなおさら。
「決意」「チュパカブラ」のネギを使うのであれば、「ねぎきゅん」と数値的な差は表れてこないので好みだろう。
防御役として見るなら「ねぎきゅん」が最高数値を出せる。
攻撃役・防御役問わず、「新体操部」はどちらにも使えるので、扱い方次第では面白いことも出来るだろう。
あとは「バカレンジャー」を待つのみ。

・桜子

パクティオー:なし
N1-21 桜子「チアー」 現:3.5 期:2.5
NY-17 桜子「白雪姫」 現:1.0 期:1.5


既にもう言うことがないのだが、差別化されたカードが出るなら、桜子にはコイントスが必要な能力が欲しい。

・真名

パクティオー:なし
N2-21 真名「スナイパー」 現:1.5 期:1.5
NY-18 真名「巫女」 現:1.5 期:0.5


「スナイパー」は能力を使うタイミングが、相手が何か能力やイベントで攻撃力を上げてきた時以外にないのが難点。
「巫女」はザジ「小鳥」を使わないならば利点がないので使いにくい。

・超

パクティオー:なし
N2-22 超「中国人留学生」 現:2.5 期:1.5
NY-19 超「中華なべ」 現:0.5 期:0.5


「中国人留学生」はキャラバトルを確実に勝ちたいならば必要になるが、それ以外では特に使う理由がない。
「中華なべ」は山札を確認していきたい場合には使えるが、これもまたそうでないなら使う理由がない。
古・五月からは超に繋がっているのに、逆のパターンの繋がりがないのが厳しい。

・楓

パクティオー:コスプレ・アーマー
N2-23 楓「忍」 現:4.0 期:4.0
N2-24 楓「バカレンジャー」 現:2.0 期:2.5
NY-20 楓「みかん箱」 現:0.5 期:0.5


「忍」はスカが出た時に大化けするので今後も期待。
「バカレンジャー」はサポート役になるんだが、バカレンジャーデッキを組んでも安定した防御役がいないのが難点。
「みかん箱」は数値を上げていく効率が悪いので使われることはないだろう。
最大数値を取るためにパクティオーを13枚以上デッキに用意となると、30%以上となるから積みすぎ。

・千鶴

パクティオー:なし
N1-23 千鶴「ちづ姉」 現:2.0 期:1.5
NY-21 千鶴「エプロン」 現:1.5 期:1.5


「ちづ姉」は夏美「ほうき」とあやか「フルート」を考慮すれば、サポート役としてかなり期待できるようになった。
それに比べると「エプロン」は対して使う理由が少なかったりするが、千雨と繋がっているのが面白い点かもしれない。

・風香

パクティオー:なし
N2-25 風香「双子の姉」 現:2.5 期:2.5
NY-22 風香「缶ぽっくり」 現:1.5 期:2.0


楓を使うなら「双子の姉」を迷わず選択する方向でいい。
単純に魔属性が必要なだけならば「缶ぽっくり」でいいだろうが、繋がりが史伽のみで図書館探検部の繋がりより少ないのが気になるところ。
何より、図書館探検部の方がカードの種類が多いので戦略に幅がある。

・史伽

パクティオー:なし
N2-26 史伽「双子の妹」 現:2.0 期:2.5
NY-23 史伽「アメリカンクラッカー」 現:2.5 期:2.5


将来的には楓単騎デッキに使えるのは「アメリカンクラッカー」になる。
楓を防御役として使いにくい現状では「双子の妹」で確実に風香「双子の姉」を引き出す方がいいだろう。

・聡美

パクティオー:なし
N2-29 聡美「ハカセ」 現:1.5 期:1.5
NY-24 聡美「白衣」 現:1.0 期:1.0


使うなら茶々丸必須になるが「ハカセ」だろう。「白衣」の利点はそんなにない。
どちらも少々使いにくいので3弾の方で期待したいのだが。

・千雨

パクティオー:コスプレ・アーマー
N1-26 千雨「ネット・アイドル」 現:1.0 期:1.5
N1-27 千雨「ちうちう」 現:1.0 期:1.5
NY-25 千雨「コスプレ」 現:2.0 期:1.5


攻撃役として使うなら「コスプレ」で頑張って条件を満たすのが一番いい。
「ちうちう」を「チアー」3人と他3体で応援するより200は数値が上に行く。
「ネット・アイドル」は使うなら応援役・手札入れ替えに限定される。

・エヴァ

パクティオー:コスプレ・スカ
N1-04 エヴァ「魔法使い」 現:1.0 期:1.5
N1-05 エヴァ「バンパイア」 現:2.5 期:1.5
N2-07 エヴァ「氷の剣」 現:2.0 期:3.5
N2-08 エヴァ「茶道部」 現:2.5 期:0.5
NY-26 エヴァ「ししおどし」 現:2.0 期:2.0
NY-41 エヴァ「闇の福音」 現:1.5 期:1.5


現状では防御役になれるが、それを務められるのは「ししおどし」が一番安定性はあるだろう。
アーマーが出れば「氷の剣」による攻撃に期待できる。3弾で出てくるエヴァ次第で変わるが。
「魔法使い」「バンパイア」「茶道部」は全て能力向き・応援役だ。一番安定して利点があるのは「バンパイア」だろう。
「闇の福音」は「武装解除」より劣るので、条件を考慮したら使う気がおきない。

・のどか

パクティオー:コスプレ・アーマー
N1-28 のどか「恥ずかしがり屋の司書」 現:1.0 期:1.5
N1-29 のどか「本屋ちゃん」 現:1.5 期:1.0
N2-31 のどか「絆」 現:2.0 期:1.5
N2-32 のどか「図書館探検」 現:2.0 期:1.0
N2-36 のどか「図書委員」 現:2.5 期:1.0
NY-27 のどか「小太鼓」 現:3.0 期:2.0
NY-49 のどか「お茶会」 現:3.5 期:2.0


アーマーがあるので攻撃役として使うならば「小太鼓」か「図書委員」。数値を取るかサーチ能力を取るか。
応援役・能力重視でいくならば、「お茶会」がいい。条件下でアーマー・スカ使用時に2枚引いて1枚戻す。
ほぼ単発使用で終わってしまうのが「本屋ちゃん」「絆」といった能力。
「恥ずかしがり屋の司書」は序盤に能力を機能させるほど後半になって厳しくなる能力。
「図書館探検」は総じて扱いが難しいのが難点。色々と考えてはいるが、これのいい扱い方を考案するのが当面の課題か?

・夏美

パクティオー:なし
N1-30 夏美「ししおどし」 現:0.5 期:1.0
NY-28 夏美「ほうき」 現:1.5 期:1.5


扱い方が基本的に千鶴「ちづ姉」のコストに使うくらいしかなので、その観点に立つと「ほうき」がいい。
応援役としても使いたいなら「ししおどし」を入れてもいいだろう。

・あやか

パクティオー:コスプレ・アーマー
N1-31 あやか「お嬢様」 現:1.5 期:1.0
N1-32 あやか「クラス委員長」 現:2.0 期:1.0
NY-29 あやか「フルート」 現:2.5 期:1.0


アーマーがあるにも関わらず明日菜や楓の陰になっていたが、「フルート」が出たお陰で日の目を見るようになれただろう。
まき絵を2枚捨てれば「お嬢様」より数値も上になる。サーチ系を使えば捨てることは容易なので展開速度も問題ないだろう。
ドローを狙うなら「クラス委員長」でもいい。

・五月

パクティオー:コスプレ
N2-32 五月「料理部」 現:1.5 期:1.0
NY-30 五月「お鍋のふた」 現:1.5 期:1.0


コスプレをするとしたら、レイヤーデッキにて「お鍋のふた」を使っておくと序盤戦力の誤魔化しに適任。
「料理部」はキャラバトル使用時に回復効果があるので、キャラバトルを重視するならば採用してもいいだろう。

・ザジ

パクティオー:コスプレ
N1-19 ザジ「ピエロ」 現:1.5 期:1.5
N1-20 ザジ「曲芸師」 現:1.5 期:1.5
NY-31 ザジ「小鳥」 現:2.5 期:2.0


コスプレしないと能力が使えないのが難点。
「ピエロ」「曲芸師」ならばレイヤーデッキで使うのが現状での最大限での活用法だろう。
アーマーかスカが出れば「小鳥」で戦力として見ることが出来るようになるので期待。

・ネギ

N1-24 ネギ「魔法使い」 現:4.5 期:3.0
N1-25 ネギ「子供先生」 現:2.5 期:2.0
N1-35 ネギ「ネギ先生」 現:2.5 期:2.0
N2-27 ネギ「決意」 現:3.5 期:2.0
N2-28 ネギ「図書館探検」 現:1.0 期:1.0
NY-32 ネギ「チビネギ」 現:2.0 期:0.5
NY-36 ネギ「キツネギ」 現:1.5 期:3.5
NY-37 ネギ「チュパカブラ」 現:1.0 期:1.0


「魔法使い」は低火力ながらパクティオーバトルが可能で、両属性なので応援役・イベントコストと利用できる機会が多いので安定はする。
「決意」は場に出した時に1枚捨ててキャラカードがサーチでき、そのまま場に出すことが出来るので2種積みしているキャラで特定の一方を出したい時などに活用できる。
「ネギ先生」は「決意」の影に隠れてしまう感じ。武属性・両属性への応援には「子供先生」が適任。
「チビネギ」は効率が悪くなるがコスプレのサーチ。両属性なので「魔法使い」と同じような活用法は出来るが、少々見劣りするかもしれない。
「キツネギ」は刹那「チュパT」と組み合わせたいところだが、刹那側の条件が厳しいので難しい。
「チュパカブラ」は武属性が必要な場合を除いて使う理由がほとんどない。
8種類というのは最多なので、デッキに合わせてちゃんと使い分けが必要になる。

・他キャラ

N1-10 カモ「オコジョ」 現:0.5 期:0.5
NY-33 カモ「小動物」 現:2.0 期:2.0
N1-22 タカミチ「死の眼鏡」 現:1.5 期:0.5
NY-34 シチミ「魔法学校の特使?」 現:0.5 期:0.5
NY-35 チュパカブラ「ルーンヤ」 現:0.5 期:0.5
NY-38 モツ「魔法学校の特使?」 現:0.5 期:0.5
NY-39 モツ「お父さん」 現:0.5 期:0.5
NY-40 モツ「いい意味で」 現:0.5 期:0.5
NY-45 アーニャ「クローバー」 現:3.0 期:2.0
NY-48 ネカネ「お姉ちゃん」 現:3.0 期:2.0


カモに関しては「小動物」の方が能力を活かしやすいが、早い段階で場に出さないといけない。
カモ「オコジョ」とシチミ「魔法学校の特使?」はそれぞれコスプレ・イベントが必要な時に場に出せるとうれしい。
タカミチ「死の眼鏡」は活用方法が限られるが、悪い能力ではない。
モツは「お父さん」「いい意味で」の使い分けだけで十分だろう。「魔法学校の特使?」はあまりにもコストと効果が釣り合わないし、他のサーチカードで引けばいい。
アーニャ「クローバー」は条件化ならば何でもサーチ出来るのが嬉しい。ただ、必要なキャラからして武属性・両属性が攻撃・防御役になることになる。
ネカネ「お姉ちゃん」は相手にも効果が及ぶので序盤には出したくない。条件が対等になるような中盤以降に出したいところ。

・イベント

N1-36 寝顔 現:2.5 期:-
N1-37 仮契約!? 現:4.0 期:-
N1-38 出会いboy meets ghost 現:2.0 期:-
N1-39 三人娘 点:5.0 期:-
N1-40 図書館探検部 現:2.0 期:-
N1-41 武装解除 現:2.0 期:-
N1-42 魔法の本 現:1.5 期:-
N1-43 秘剣‐百花繚乱 現:3.5 期:-
N1-44 破魔の剣 現:1.0 期:-
N1-45 先生と生徒 現:2.5 期:-
N2-37 赤い糸 現:2.0 期:2.0
N2-38 行け!まほら戦隊バカレンジャー! 現:1.5 期:1.0
N2-39 姫と従者 現:2.0 期:-
N2-40 見習い魔法使い 現:1.0 期:-
N2-41 マスターとメイド 現:1.5 期:2.0
N2-42 楓・見参 現:4.5 期:-
N2-43 契約発動 現:3.5 期:-
N2-44 チュパ!? 現:1.0 期:-
N2-45 ながされて図書館島 現:1.0 期:-


使用頻度としては「仮契約!?」「先生と生徒」が高い方だろう。出来ることなら「先生と生徒」は使わずに済むのが理想だが。
「契約発動」はイベントサーチだが、イベントでイベントを引くのは避けたいので、「先生と生徒」以上に使いたくはない。
「楓・見参」はキャラに縛られないので武属性さえいれば、どんなデッキにも入れられるのが「三人娘」よりいい点。最大効果では「三人娘」になるが。
「寝顔」は攻撃力減少・イベント阻止に有用だが、2弾以降はあまり使われなくなったような印象がある。
「赤い糸」は使用方法が限定される。相手のキャラを場から追放したいなら、「秘剣‐百花繚乱」で手札に戻させない方が効果的だし。
「チュパ!?」はちょっとリスクが高いので、捨て札置き場に落ちても問題ないような構成を施しておきたい。
他のイベントはキャラに依存するのでそれぞれに合わせて使うことになるのでノーコメント。

・デッキ考察
休み時間の中で特に目を引くのは、千雨「コスプレ」とあやか「フルート」の2枚だ。
1弾の頃からアーマーがあり、従来のものより高い攻撃力が取れる。
まずは千雨「コスプレ」を生かしたデッキから。

・キャラクター:20
2 N1-01 さよ「地縛霊」
4 N1-02 和美「パパラッチ」
2 N1-17 まき絵「ねぎきゅん」
2 N2-01 裕奈「バスケ部」
2 NY-01 さよ「幽霊生徒」
2 NY-06 アキラ「タライ」
2 NY-09 美空「ピコピコハンマー」
2 NY-25 千雨「コスプレ」
2 NY-37 ネギ「チュパカブラ」

・イベント:10
3 N1-36 寝顔
4 N1-38 出会いboy meets ghost
3 N1-45 先生と生徒

・パクティオー:10
2 N1-49 まき絵コスプレ
2 N1-51 千雨コスプレ
3 N1-56 千雨アーマー
3 N1-60 まき絵スカ


攻撃役は千雨「コスプレ」、防御役はまき絵「ねぎきゅん」。
千雨「コスプレ」の能力条件を満たすためのキャラはさよ以外の6体。まき絵はコスプレしてしまうので、千雨「コスプレ」の最大攻撃力は1300。
防御役のまき絵「ネギきゅん」の最大攻撃力は600なので、千雨「コスプレ」が最大値に到達するまでは、さよ・和美によるハンデス、「寝顔」による攻撃力減少で手を遅らせる。
自分の手を進めるより、ハンデスでアーマーなど相手の決定力を削いだ方が安全が買える。特に防御面が300か600しかないこちらにとっては余計なダメージは避けなければならない。
序盤に千雨を出していて、軽いダメージでも通しておき2600以下にしておけばアーマー2発で射程に取れるので、試合をひっくり返しやすい。
全てのデッキに言えることだが、イベント・アーマー・スカといった使い切りのカードは、何らかの理由で1枚失っても問題ない構成にしておくのがいい。
特にアーマー・スカに関しては勝敗に直結する。2枚積みの内の1枚を失うのと、3枚積みの内の1枚を失うのとでは攻撃・防御に対する安心感が違う。

次にあやか「フルート」を生かしたデッキ。

・キャラクター:20
4 N1-18 まき絵「新体操部」
2 N1-23 千鶴「ちづ姉」
2 N1-25 ネギ「子供先生」
2 N1-26 千雨「ネット・アイドル」
2 N2-03 夕映「東洋の魔女」
4 NY-28 夏美「ほうき」
2 NY-29 あやか「フルート」
2 NY-49 のどか「お茶会」

・イベント:10
4 N1-37 仮契約!?
4 N1-45 先生と生徒
2 N2-44 チュパ!?

・パクティオー:10
2 N1-49 まき絵コスプレ
2 N1-53 あやかコスプレ
3 N1-57 あやかアーマー
3 N1-60 まき絵スカ


攻撃役はあやか「フルート」、防御役はまき絵「新体操部」。
まき絵が3枚捨て札にあり、千鶴の能力を使用したあやかの最大攻撃力は1500。2枚捨て状態でネギ「子供先生」がいるだけでも700はあるので安定した攻撃力はある。
まき絵を場に出すのは後回しになってもいいので、出来るだけ早めにあやか「フルート」の攻撃力とのどか「お茶会」の能力条件を満たす。
のどか「お茶会」が条件を満たせば、アーマー・スカ使用時に2枚引いて1枚戻せるのでそこからの展開・攻撃の回数にもそれほど困らない。
千雨「ネット・アイドル」、サーチ系イベントや能力、「チュパ!?」とまき絵を捨てる手段・引く手段は用意されている。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。