Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > スポンサー広告 > 魔法先生ネギま!・ドラマ第2話TOP > ネギま > 魔法先生ネギま!・ドラマ第2話

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法先生ネギま!・ドラマ第2話 2007.10.16

どんな展開だろうと言っておく。
深夜番組として埋もれさせておくのは惜しい。(挨拶)
ドラマ・魔法先生ネギま!の第2話感想。
1話放送後の24時間まるごとネギま!15:55更新時のCMでは、2話は千雨が主役ってなってましたけど。
フェイクだったんでしょうか?今回はあやかの話でした。

・空を飛んで登校
木漏れ日の下を走っていたかと思えば、いきなり空を飛び始めました。
飛行が不安定みたいでしたが、ちゃんと魔法無効化が効いてるってことでいいのかな。二人乗り初めてとも言ってたけど。
原作でもこの頃はまだ魔法無効化能力については「Unknown」だったのだからこの描写は正しい。原作では普段より多く新聞を持っていた明日菜を乗せようとし、ドラマ同様に体重を聞いている。
他所の感想を見ていると「On/Off」で見ている人が多い印象がある。原作で魔法無効化が本格的に活かされてきたのはエヴァ戦からだというのに。そこまでも待てないというのか。

あと、カモとネギ本人の語りの部分はそこからサブタイトル出すための流れみたいなので毎回挿入されるんだろう。
途中から語りが変わるといいんだけど。

・明日菜vsあやか第2ラウンドとあやかの過去
黒板の日付を見て過去を思い出すあやか。このエピソード使うの結構早いですね。アニメ1期では後半に入ってからだったのに。
前回での喧嘩シーンはすぐにまき絵が止めてしまったので味気なかったんですが、今回の喧嘩も派手に動いてますね。

・クラス巻き込んでドッチボール?
ネギの提案で2人の喧嘩をドッチボールによって決着を付けることに。クラスメートも参加して。
喧嘩の前に双子ともう1人が鞄背負って教室から出て行くのが映ってましたから、どうやら放課後に行われたみたいです。ネギもチアに「帰らないで下さい」って言ってるし。
この日があやかにとってどういう日かを知ってか知らずかはともかく、放課後まで2人の喧嘩に付き合わされるんだから、そりゃやる気がないのも当然だろう。原作と違うのは、途中から賑やかしにも参加してない点ですか。
学級崩壊というよりも、ネギがまだクラスの雰囲気を掴めていないというのが適当だろう。原作でさえ、亜子やアキラといった喧嘩嫌いのキャラがあの2人の喧嘩を止めようとしたことはないのだから。
途中の進路指導室のシーンで亜子が、CMが明けてから真名と聡美とザジの名前が出てきました。

・風花・武装解除
脱がされたのは登場順に千雨、和美、裕奈・アキラ・千鶴・夏美、明日菜・あやか。でいいんだよな?
ブルマだけじゃなくパンツまで吹っ飛ばすか((
一応、裕奈の名前は出てきましたけど、前の4人と違って特徴を何も出してないから、未読者には印象が残ってないかも。

・「ズルい女」
ショタコン女を送れ、と先に帰る明日菜。あやかの前に現れるネギ。そして、今日の明日菜の一連の行動の意味を初めて知る。
「何かをする・知る」の後に「何かを思う」という手順をしっかりと見せてくれるので、成長していく様を見せるという部分は原作より優れてると思える。

ということで、第2話感想でした。
CG処理の具合とか、喧嘩シーンの動きとかを見てるとエヴァ戦あたりに期待できます。
この秋クールの講談社作品はどれも外れがないですよね。ネギま!、みなみけ、カイジとどれをとっても外れることがない。
「カイジ」は内容がギャンブルですから見る人をかなり選びますけど、「アカギ」で成功してる福本作品。
「みなみけ」は原作の再現度合いが半端なく高くてめちゃくちゃ好印象。原作読んでる人なら、あれがどれだけそのままアニメにされてるか分かる。
ふっちゃけ春香パート=3姉妹パートなんで、藤岡来宅後の夏奈パートとふじおか入手後の千秋パートで評価が決まる感じになるだろう。
冬馬パートは夏奈か千秋がくっ付いてくるからまあどうでもいい。つーか原作のどこまで使うのだろうか。
「バックドロォー――上がんねー」までやってくれたらすごい嬉しい。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。