Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > スポンサー広告 > 07年4月・麻雀成績TOP > 麻雀 > 07年4月・麻雀成績

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年4月・麻雀成績 2007.05.02

今年度から、麻雀の成績を全て残してみることにしました。
雀荘に勤めるようになって必然的に打つ回数が増えましたから、腕前が上がれば数字として現れないかと思いまして。
腕前以外にも、調子の上下も現れるでしょうし。
続きに、07年4月の成績です。

仕事:3-4-16-10
点3:3-4-15-9
点5:0-0-1-1

手積:1-1-1-1
客3:0-0-0-1
客5:0-1-0-0

4月合計:4-6-17-12

4/15:1-1-3-3
4/21:0-0-2-3
4/22:1-1-1-2
4/28:0-0-3-0
4/29:0-0-4-1
4/30:1-2-3-1

終了時平均点棒:18400 (-11.6)
1位終了時平均点棒:43900 (+33.9)
2位終了時平均点棒:29700 (-0.3)
3位終了時平均点棒:19400 (-10.6)
4位終了時平均点棒:3100 (-26.9)

役満回数:2回
内訳:4/22国士無双、4/30国士無双


見方としては、1位-2位-3位-4位の回数。
仕事:バイトで打った成績
点3:仕事の内、点3の卓で打った成績の内訳
点5:仕事の内、点5の卓で打った成績の内訳
手積:主に部室で打った成績
客3:お客として点3の卓で打った成績
客5:お客として点5の卓で打った成績
残りは見たとおりですかね。
合計の下にある日付のものはバイトで打った日の成績内訳。
終了時平均点棒は、100点以下は四捨五入してあります。

で、4月は結構酷いことになってます。39半荘打ったんですが、その約3/4が3位以下。
特に4位時はギリギリでトビにならない程度の平均点棒。実際、トビが3回。
見ての通り点3で主に打ってますが、その点3成績で3位が約半分。4月分の給料がどんなことになるやら。
基本的に俺は上がり調子な時間が長続きしていないのでこんな成績になっているのは当然といえば当然。
月末日の成績は翌月分に扱われるんですが、4月分にあたる3/31の成績もひどいものだったので。
今月分扱いになる4/30の成績はそこそこ減らずにすんだので何とかなりそうです。

今月の役満は国士無双で2回。3/30に初めて役満(これも国士無双)をあがってますから、実質1ヶ月で3回とも取れるペース。
22日の国士無双は、東3局2本場の南家の時。テンパイを取った時点の牌姿が、
一萬一萬九萬一筒九筒一索九索東西北白發中 ドラ八萬
待ちの南は既に3枚切られていて、北でさえ最後の4枚目を引っ張ってこれました。そんな中、対面と親の上家がリーチ。
そこから1-2巡後の状態が
一萬一萬九萬一筒九筒一索九索東西北白發中 ツモ九索
二萬は上家が4枚切ってるし、一萬は自分で既に1枚切っていました。どっかで見たことがありそうな理由と似たような状況ですから一萬切りでテンパイ維持。
そこからまた数巡でついに最後の南をツモ。
30日の国士の牌姿はこの通り。
九萬一筒九筒一索一索九索東南西北白發中 ロン一萬
この局、俺が1500点、トップの対面が50000越え、下家が35000くらい、上家が6500くらいだったんです。
テンパった時点で待ちの一萬は対面が1枚既に切っていたので残り3枚。
そしたら上家が2枚目になる一萬を切ってきた((
さすがにこれであがってトビ終了という訳にもいかないので、山越しで出来れば対面で取りたかったんですが、上家がまさかの対子落としで一萬連打。
これを逃したらあがれないだろうと思ったので失礼ながらあがらせてもらいました。
あがっても順位かわらないというのが悲しかった。

4月分は以上。
さて、今月はどんなことになるでしょうか。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。