Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > 2009年12月

2009年12月28日 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆびさきミルクティー79話・待った甲斐があった! 2009.12.28

10年付け最初のヤングアニマルとなった1号、新連載が1作入りました。
ですが最初にアクセル踏み込んだのはアマガミでしょうか。絢辻さんのスイッチ入りましたし。ラスト3Pは迫力ありました。
ついに年末ですが、年賀状は元日に着くように出しましょう。礼儀として。おめでタイガー。
俺は出す予定ありませんけど。

さて、本題のさきミル79話。ついに結ばれようとしている由紀と左。
目をらんらんと輝かせる由紀。口元を舐める由紀。こっちも興奮してきます。
向い合ってお辞儀をした時に頭をぶつけるあたりは、田中ユタカ作品のような感じで純粋でいいですね。
緊張からか濡れない左に対して、口でしてみていいかと問う由紀。
うん、「ちんぽ舐めさせて」さえしっかり昇華回収する作品だけあって、同じような台詞なのにエデンの檻なんかとは台詞の深みが全然違いますね。
初めてだという由紀に対して高校生は全員ケーケンしてると思ってたと答える左。
耳年増なのもあるかも知れませんが、以前に由紀がキス経験で嘘をついていた事があるだけに、ここの問答は実に深みがあります。
こうして見ると、76話で水面としていたら、また嘘をつくことになってたかも知れない。そう思うと、10巻分は実に丁寧に作られてます。
そして、了承して足を開いた左を見て綺麗と思う由紀。何だかんだで由紀は、水面のも東子のも「見てはいない」んですよね、触れてはいるけども。
舐めた口でキスをされて怒って拗ねる左ですが、続きをしてと言い出します。やはり、以前の旅行の事が引っ掛かってました。
再び舐めた口でキスをする2人。由紀は左に立派だったと言ってやります。ってまだ焦らすのか・・・。

これで10巻分はあと2?4話。連載再開された時は、春頃までの10巻分終了も覚悟してましたが、ここまで来るとほぼ間違いなく11巻突入しそうなのでありがたい限りです。
11巻が確定なら、秋頃までは続くでしょうから、10年もじっくりとヤンアニが楽しめそうです。
スポンサーサイト
«PREV | TOP PAGE | NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。