Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > 2009年11月

2009年11月 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆびさきミルクティー77話・父娘のふれあいはお風呂 2009.11.28

今号から東雲太郎先生の「アマガミ」が始まり、次号からまつもと剛志先生の「キミとおやすみ」が控えています。
来年に向けて固めてきてるなぁ。来年の本命はヤングアニマルかも知れない。

さて、本題のさきミル77話。前話の水面から、今度は左に。森居親子の話です。
合格祝いとして、成長した自分を見てほしいと一緒にお風呂に誘う左。確認したら、4巻以来2度目のお風呂でした。
ともちか先生が体力回復したからか、なんか左父が少し若返ってる感じがします。
日頃の感謝を伝えようとする左ですが、ちちに悪戯されて、結局外から伝えます。
この長台詞、是非とも能登さんの声で聞きたいなぁ。アニメにならんかなぁ。
本当に左はいい子です。父親の涙腺が緩くなるのも納得出来ます。

今回でも、過去の話に似せてくる場面がありました。お風呂もそうなんですけど。
アルプス一万尺をやって「男の人とでもさりげなく手を繋げるから・・・」っていうのは2巻の頭の方。加賀見が登場した回からですね。
「『せっくすのやり方』って訊いちゃ駄目かな・・・?」って思っているのは、前のお風呂からですね。「一応知ってる」「恋人同士がすること」。
先ほど書いた感謝の言葉で泣いているのも、「ひだりがお嫁に?悲しくて泣いちまうな」ってのと繋がっていてじんときます。
思えば、左が卒業旅行で抱いてくれと言っているのも、4巻において旅行先で由紀に迫ってるからですね。
色々なところをソフトに過去とリンクさせていて、丁寧に作ってるなと実感します。

さあ、品川のホームで合流した由紀と左はどこに旅行に行くんでしょうか。
10巻相当分はあと4?6話。6話でも尺が足りるかどうか疑念がよぎるんだけども、11巻突入するのかな・・・。
春までか、それ以降も続くのか・・・。ドキドキものですね。また次号が待ち遠しい。
スポンサーサイト

ゆびさきミルクティー76話・水面の台詞にゾクゾクくる 2009.11.15

前号10/23に連載再開、同月29日に8・9巻が発売されましたが、もう重版出来たみたいです。
休載明けで数を抑えていたのか、爆発的に売れていたのか・・・。
このままの勢いで物語の終盤を迎えて欲しいです。

さて今回の76話ですが、前回75話が
左「せっくすしてって言ってんの!」→由紀「ひだりを抱くよ」→水面「練習しなよわたしで」
という凄い流れでございます。見所は由紀がどうするかと思ったら、水面の台詞でした。

4ページに渡って由紀を誘っていた水面ですが、結局今回もすることはなくて、これで3回目のスルーになってしまいました(5・8巻参照)。
左しか選べないという由紀に対して「ずるい」と連呼する水面。これは1巻の終わりに似ています。
飛び降りるとか何でも言ってくれというのに対して「そんなこと言えないってわかってるクセにぃ」というのは、2人がセックスしそうになった5巻から。
サヨナラと立ち去るのに対して「『サヨナラ』とか・・・言うなバカァ!」というのは、東子と仲良くなる直前の3巻。
これだけ過去の状況と台詞に似せて、連打して、昇華させているのを見せ付けられたら、本当に終わりに向かってるんだなというのを強く印象付けられます。ゾクゾクとしてきて、本当に再来週までが待ち遠しい。

10巻で終わるとするならば、タイムリミットはあと5?7話。(「エデュケーション」はどうなってるんだろう?)
でもヨシノリとユキの問題も残ってるし、何か話数が足りなくなりそうな気もしなくもない。
やはり今後も最も注目するべき漫画だろうと思えてくる。
«PREV | TOP PAGE | NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。