Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > 2009年10月

2009年10月28日 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる学年誌? 2009.10.28

<小学館>「小学五年生」と「小学六年生」今年度で休刊(Yahoo!ニュース)
もう少し動きを待とうと思ったんですが、やぶうち先生に肩透かし食らってしまった・・・。何らかのコメント出すと思ったんだけどなぁ。
昨日の朝日新聞のでは一面に入り込んだこの一報。ちょっと簡単には信じられんなぁ。黒字になるように発行部数計算してると思ってたんだけど。
6学年分の学年誌の中でも、ここ十数年間掲載漫画の質が高かった2誌だけにこの休刊はかなりダメージがでかい印象がある。
俺が小6だった頃は、「ポケットモンスターSPECIAL」はレッドvsグリーンの決勝が行われていて、「少女少年」はかずきの頃でした。そう、俺は1986年度・昭和61年度生まれです。
あれから十数年経ってますが、ポケスペは作画家は変ったものの未だ3誌縦断連載で現役だし、やぶうち先生も「ないしょのつぼみ」で学年誌連載が合計4作で14年目ですね。
世紀の変わり目の時を支えてきた2作家ですから、簡単に作品を止めるとは思ってはいないですけれども、配置転換が難しいんだろうなとは思ってしまう。
やぶうち先生はchuchuの方まで止まってしまうけどこれはどこかで続行させてもらえるんじゃなかろうか。ないつぼの性教育漫画枠は今年で終えて後進に譲っていいと思うけれども。代わりに少女少年みたいなどちらも読みやすい作品を描いてもらえたら嬉しい。次回作に期待しているだけに。
ポケスペの方は単純に下の学年誌にスライドするのか、別雑誌との並行連載か・・・。縦断連載も売りのひとつなだけに、簡単には学年誌から離れてほしくはないところ。とりあえず月が変われば制作秘話で何か言ってくれるとは思うのだけれども。今日が33巻の発売だし、幸先のいいことになってくれれば。

それにしても、小学館は月刊誌で強い印象があるだけに、この休刊が飛び火しないといいんだが。
スポンサーサイト
«PREV | TOP PAGE | NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。