Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > 2008年05月

2008年05月 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「期待以上」だったみたいで 2008.05.29

お茶会のレポートが出揃ってはいないようですが、ほぼ全てに目は通したので大体どんな場だったかは分かりました。
俺の期待していた以上にグダグダでダラダラだったみたいですね。
元々、漫画読者が集まったオフ会なんて馴れ合うだけで収穫になることなどないと思っているので、
今回の「イベント」が作者主催で、パネリスト募集してまで討論するから、そこだけが救いかと思っていたのだが、全体の半分も時間がなかったんじゃ話にならん。

以下、様々なレポートに目を通しての雑感です。
スポンサーサイト

咲4巻・ネギま!23巻表紙予想 2008.05.29

【4巻表紙予想まとめ(過去の実績)】
◎龍門渕透華(3巻表紙折り返し)
○東横桃子(初登場)
▲原村和(1巻表紙折り返し・2巻表紙)
△福路美穂子(2巻裏表紙)
△タコス(1巻裏表紙・カバー裏オマケ漫画)
近代麻雀漫画生活・咲-Saki-4巻の表紙予想!より)


もうそんな時期だっけ。俺も予想しときましょうか。
ついでにネギま!23巻の方も。

ネギま!のシューティングは危ない 2008.05.26

前言ったか言わなかったか忘れましたけど、今度ネギまをゲーム化するなら、ぜひシューティングでしていただきたいと思うのですよ。

 ネギまといえば、萌えとバトル。このバトル要素をゲーム化するとしたら、普通は対戦アクションを真っ先に想像すると思います。
 しかしネギまバトルの肝は、瞬動による高速戦闘です。それを再現するには、対戦アクションでは遅すぎる。画面上を縦横無尽に高速移動しまくりながら、魔法という名の弾を放ちまくるゲーム、すなわちシューティングこそが、ネギまバトルをゲームで再現する上で最もふさわしいジャンルだと思うのです。
U型改・ネギまのゲームはシューティングで出すべしより)


あー、何となく分かるっちゃー分かる。
マーベラスはろくな作品作ってくれなかった(やり込み要素が浅い点と、対戦要素の薄さが酷い)のでコナミの方向で言わせていただくと、
シューティングは危なくて賛同しきれないな、ってのが俺の意見。
つーか、コナミじゃ作ってくれなさそうだよ、中の人的に。危険すぎる。

ネギま!213・1年越しの「時のたまご」 2008.05.19

ここんとこ主に赤松先生に矛先を向けてましたけど、今回はまぎぃ氏に矛先を向けます。

お仕事の方で魔法の国やら何やらの舞台設定をやらなきゃいけなくて大変なんですが…

クロノトリガーと言う昔のスーファミのゲームの古代魔法王国でかかる

『時の回廊』

と言う曲が好きで好きで
魔法の国、魔法王国と言うとこれを思い出してしまいます
本と映画と、時々仕事・魔法の国……魔法王国……ハッ、時の回廊!より)

ウェスペルタティア王国の王都オスティアの(中略)
巨大な魔法災害によって居住が困難となり廃都とも呼ばれるようになったオスティアですが(以下略)
(211時間目・教官の台詞)

しかしその島々も戦争で墜落したらしいですが…
(213時間目・刹那の台詞)


ジール王国まんまだな、おい。というか、堕ちてるから「時の回廊」が似合わない。
つーかアレですか、クロノ的に解釈すると、明日菜はマールか、サラでキッドな訳で、ネギはクロノか、セルジュでヤマネコな訳ですか?

ネギま!を温くさせてしまう「男」の不在 2008.05.09

前回の記事で、『致命的なまでに温い描写しか「やれない状態」にしか見えない』って言いましたけど、他にも致命的に欠けてる要素がありますよね。
男が足りない。絶対に足りない。1つだけポジションあるじゃん、足りないポジションが。
小太郎でも高畑でも務まらない、父兄的な男キャラが!
«PREV | TOP PAGE | NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。