Creative Factory 03#2

別館。あくまで別館。

TOP > -

カテゴリ:- の記事一覧

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/10サークル参加情報 2012.06.04

締め切り直前にトラブルフラグを立てたりするも何とか間に合わせて、問題なく発行出来そうです。

2012/6/10【Super Colors】
6/10(日)に都立産業貿易センター台東館7Fです。
サークル:岬の研究所、R7

俺個人は7日から上京しております。
発行物及び委託のサンプルは上のサークルHPへのリンクからか、pixivにあげたこちらからどうぞ。
スポンサーサイト

興醒めもいいとこ 2009.07.22

今日の皆既日食、一番話題になっていた悪石島が一番天気が酷かったようで。
札幌は半分程度しか欠けないので太陽に見向きもしませんでしたが。
10年前にトルコで皆既日食を見てしまっているので、天気が悪くなりそうと言われていたので、
大した事にならんと思い今回は完全にスルーしました。

大した事なかったと言えば、ネギまのお茶会。
ただ一人を除いて、どれもが録音を書き起こしたようなレポートばかりだし、あらゆる側面から見ても上昇の気配はないし、わざわざ俺が叩くのも面倒くさいので、このリンクだけ出しておこう。
安比奈のなないろディップスイッチ・その155:ネギまお茶会、不毛な議論は時間の無駄パート2の巻

ところで、咲アニDVDの1巻が出たので初回版を買っておきました。
本編より先に座雀会を見たのですが、東風2回戦をほぼノーカットで2時間という内容。
暇があれば牌譜にしてみたいところですが、とりあえず釘宮さんのある一打がいくらなんでも酷くて頭に残っている。
牌姿を出すのが面倒なのでそれは割愛するが、九索をツモって六索を打った場面。意図としては789三色やチャンタ狙いだったんだろうけど、567の出来面子崩してまでそれに行くのは遅すぎるだろう。
せめて一通と三色を天秤に出来る九萬切りか、九索ツモ切りで良かったのに。

放送中のアニメは、昨晩北海道でも大将戦に突入。
危険牌キャストと思っていた小林ゆうさんの、加治木のとある2シーンはもう済んだので今後は安心して見て行きたいところ。
後半半分残して大将戦がほぼ丸々残っているっていうのは結構な冒険だな・・・。

確率は参考程度で大して役には立たない、という話 2009.07.01

先週末はネギまのお茶会の当選結果が届いたりしてたようですが、当たった外れたと騒がしかったですね。
去年の数値を参考に20?30倍=3?5%と考えても、当たったからといって大して騒ぐような数値に見えねぇしなぁ。行く価値があるかどうかを差し置いたとしても。
俺が今年、天鳳で打った全713戦・4148局の成績からのデータと比べて見たけれども、こんな数値が出た。

・ピンフ含みで和了する確率=4.64% (和了率.232×和了時ピンフ率.200)
・リーチピンフ含みで和了する確率=約3.47%?1.86%
 (リーチ率.182×リーチ時ピンフ複合率.367×リーチ時和了率.521=3.47%)
 (和了率.232×和了時リーチ率.403×和了時ピンフ率.200=1.86%)


ピンフの特性上、意図的に牌姿を作っていっても全体に対してこの数値にしかならんのだから、やっぱ大した倍率じゃねぇよな。麻雀で基本的な手役であるピンフやリーチを使って上がりきるのと大差ない数値なら。三色や一通の和了時複合率はもっと低いのだから、それをリーピンの上にさらに複合させる方が大変だ。
報道枠の倍率だって、200名応募の2.5%と一般枠より厳しく仮定しても、麻雀牌1セット136枚から特定の1種の牌を引き当てる確率2.9%と大差はない。

やっぱり確率は、参考にはなってもまったく役には立たないな。
そもそも、確率いい方選んで物事上手くいくなら苦労しねぇんだから。

追記にも少々。

今年はウソを吐いてみる 2009.04.01

新年度ですか
去年のエイプリルフールに書いたもの。プロ試験受けるつもりだったんだけど受けてられなかった。
何だかんだで昨年度は、親父の病気に振り回された一年だったので色々とやろうにも出来ず、バイト2つと自動車免許取ったくらいしかやってねぇ。そして休学は続行。
今年度こそはプロ試験受けようと思います。何か親も俺の麻雀に対する考えに折れたっぽいので。
とりあえず、2月中旬からやってたバイトが昨日終わったばかりで、年度末繁忙期の疲労が残ってるのを回復しつつ、昨年度溜めてた色んなものをそろそろ少しだけ吐き出しとこうとか思ってます。

お誂え向きに俺の誕生日でもあってネギまのお茶会が行われてた5/24が日曜だし、楊さんのラジオに突撃して喧嘩売るなり、レミニスさんのラジオに突撃して一緒に徹底的に叩くとかいいかもね。
先日行われてたレミニスさんの3.5回目のラジオ(リンク先は音源記事)、時間的に音量を高く出来なくてオンエア中にはよく聞こえなかったから聞き直したところ、
「やっぱりね、おっさんさんの方がね、ダークさでは凄いと思うんですよね、私は」
って言ってましたが、よく分かってらっしゃる。
俺は今のところ麻雀以外で全力を出す気がないから、ここ1年近くは赤松・ネギま批判やってても全然力込めてませんもの。感覚的には半分も出してないどころか、3割出てるかも怪しいですし。その3割で突くべきとこだけ端的に突いといて、字面や言葉面通りにしか受け取れない人はさようならって感じなのが俺のスタンス。
そんな感じの俺の批判行動を全力まで引き上げてくれる人物がいるとしたら、レミニスさんしかいねーなと感じてる今日この頃。

ここまでの文章にウソがあるけど、さて、どこがウソなんでしょうかね((

どうも親父が本気らしい… 2009.01.08

昨夏、脳腫瘍で検査入院してそのまま手術をした俺の親父ですが、どうやら来年の銀婚式に合わせて年末年始にトルコ旅行を計画しているらしい。
今朝起きて居間に行ったら、トルコ旅行の計画案が既に出来ていた。
昼飯を買いに出て帰宅したら、日本のトルコ航空事務所から封筒が届いていた。
どこから考えても、親父は既に行く気満々です。お袋の話によると、どうやら一昨日の段階で話を出したみたいです。
うちの家族がトルコのアンカラに住んでいたのは97年4月から2000年3月の3年間。行くとなると実に10年振りのトルコ滞在です。しかも、初のトルコでの年越しです。あの頃年末年始は旅行に出ててトルコで新年迎えていないので。98年はウィーン、99年はローマ・バチカン、2000年はマドリードでした。

通ってた旧アンカラ日本人学校校舎とか、色々と馴染みのあるところも気になるところだが、トルコに行くのであれば、最低限として、この角度での写真くらい撮ってこないとな。
img043.jpg
まあ、大体この辺りなはずなのだが、この角度のポイントだと最悪海上になってると思うんだよなぁ。
あとはトルコのTVアニメの状況確認とか(トルコはちょうど2000年にポケモン放送が始まった)、10年前は一度も行った覚えのない本屋とかにも行ってみたいところ。イスラム圏とはいえ親日国家だから、出版も仕掛けたら簡単に広まると思うんだけどもなぁ。

親父の計画だと、アンカラ・カッパドキア・イスタンブルに絞って約10日間のようですが、冬のカッパドキアは観光地としては寂しいの知っててやってんのか…?
«PREV | TOP PAGE | NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。